消費者金融各社が目指す方向性

従って、過払い金問題と総量規制問題を乗り越えた消費者金融会社アコムなどは、今までよりもスリムで高収益な企業体質に変わっているとも考えられます。

そこで、消費者金融各社が目指す方向性は顧客の利便性です。

つまり、消費者金融会社カードローンの申込のポイントの2つ目は、審査のスピードが早いことです。

消費者金融各社は顧客の利便性こそ消費者金融各社のメリットと心得て即日融資だけではなくて、30分の審査で即融資などの体制を整えてきました。

その結果、殆ど全ての消費者金融会社で即日融資が実行され、特に大手消費者金融会社に於いては30分の審査で即融資などの体制が整えられています。

また、銀行カードローンや信販クレジット会社のカードローン審査をパスできなかった顧客でも、消費者金融会社の審査はパスできる場合も出て来ています。

只、その分、消費者金融の融資金額は少なく、適用金利が高くなることは否めません。

従って、審査に自信が無い方や資金を特に急ぐ方の場合は、消費者金融会社のカードローンを選択すると良いでしょう。

申込には本人確認書類と前年の年収を証明する書類が必要になります。

歯の大切さ

昔はよく歯医者に行っていました。

小学校の時に

歯医者の先生が来て

みんなの歯を見てましたね。

なので、絶対虫歯がありますよね。

しょうがないので、歯医者に行って治療してました。

 

歯って大事ですよね。

ご飯を食べる時、一番大事ですね。

歯が無かったら上手く切れない、

すりつぶすことも出来ない、

美味しさも感じられないでしょうね。

 

しかも歯が無いことによって

他の歯が奥に動いて

歯の間が空いてしまうようになるそうですね。

なので、入れ歯や差し歯になってしまうのでしょう。

 

テレビでも歯の無い芸人さんや

歯を綺麗にしようと

毎月歯医者に行っている有名人も

いるみたいで、

やはり、テレビに出ている人は

そういう所をよく見られますから、

一般の私達も気をつけないといけません。

 

歯が無いと

ご飯を満足に食べれないですよね。

歯は大事です。

サッカーくじtotoを買った時の思い出

私はサッカーくじのtotoを買ったことがあります。私が買った時は発売されて間もない頃だったので、当時話題になっていたと思います。初めのうちは数百円程度を賭けていたのですが、一度思いきって7200円分を賭けてみました。なぜこんな高額な金額を賭けたかというと、その時の賭け対象だった13試合が結構上位のチームと下位のチームに分かれていたので、引き分けとかにはならずに勝ち負けがはっきりするのではないかと思ったからです。力が拮抗したチーム同士の試合が多いと引き分けになる可能性があり、予想しにくくなるからです。そして試合当日多少期待しながら結果を確認しましたが、惜しくもあと1試合足りませんでした。やはり世の中そんな甘くはないとその時思いました。

無担保ローンの返済方法

無担保ローンを利用した場合、色々な返済方法があります。

例えば「元利均等方式」の返済方法もありますが、この返済は毎月の返済額が同じ金額になるようにして支払いをする方法で、この方法を利用するメリットには、返済額が同じですから、返済計画が非常に立てやすくなります。

又この方法で返済すると臨時に繰り上げ返済をした場合、支払う利息を減らす事も出来ますので、そうした部分が元利均等方式のメリットになります。

ただし、返済当初は利息の返済に充てられる割合が大きいため元金を減らす事を考えると元金の減るペースが遅い点がこの返済方法のデメリットになると思います。

続いて「元金均等方式」等という返済方法もありますが、この方法は借入元金を返済回数で割り、尚且つその割った額の残高に対して利息を上乗せして返済する事になりますが、この場合のメリットは、毎月同じ元金を返済していきますので「元利均等返済」の返済方法よりも無担保ローンの残高の減りが早くトータルで考えた場合も利息を支払う分が少ないと考えられます。

ただこの方法は、減りが早いだけにローンの支払い負担も大きいという部分がこの返済方法のデメリットになると思います。

無担保ローンを利用する場合、こうした「元利均等方式」という返済方法と「元金均等方式」等がありますが、これらの返済方法以外にも「分割払い」や「リボルビング払い」もありますが、各返済方法にはいずれもメリットも当然ありますが、デメリット部分もありますので、その部分をよく認識し、比較しながら計画的な返済になるように返済方法も考えていかなくてはいけませんし、負担なく返済出来るように考えなくてはいけません。

例えば、元利均等方式や元金均等方式以外の「リボルビング払い」にすると返済回数を決めずに借入額にかかわらず一定の金額を毎月返済しますので、メリットとしては返済額が毎月固定される事になり、返済の負担は少なく済みます。

しかしよく考えると通常の分割払いよりも手数料率が高くなり、尚且つ借入元金が多くなり返済期間が長いとその分負担になってしまうので、無担保ローンを利用する場合はこの返済方法もよく認識し検討しなくてはいけません。